白鳥圭輔とはどんな人物

白鳥圭輔とはどんな人物

「チーム・バチスタの栄光」に続いて「ジェネラル・ルージュの凱旋」で白鳥圭輔を演じたのは、阿部寛さんです。テレビドラマ版では、仲村トオルさんなので高身長だからこその、凹凸した感じが絵柄的に見てもいい感じがします。この作品では田口&白鳥のテンポの良いコンビぶりには最高でした。撮影が進んで行くほど、白鳥役を演じる阿部寛さんは田口にあーだこーだと言うのが、快感やみつきになったとか。前作品「チーム・バチスタの栄光」よりもキャグ度は低くなっていますが、やっぱり2人のコンビは笑えます。

原作本の人物像

海堂尊のシリーズで田口と欠かせないのが、やはり白鳥圭輔です。原作の白鳥圭輔は中年の小太り男性ですが、映画やドラマの中では、モデルで大活躍して俳優としてもかなりのキャリアを築いている阿部寛さんに、これまたイケメン指数高めでよきパパでもある仲村トオルと、中年の小太りの原作本とかけ離れた俳優が演じています。映画やドラマを観た後に、原作本を読むとどうしても阿部寛に仲村トオルと中年世代であってもかなりかっこいい俳優をイメージしてしまいがちになってしまうので、原作本での白鳥圭輔はどのような人物なのかをご紹介しましょう。

見た目はゴキブリ?!

阿部寛が演じる白鳥圭輔も仲村トオルが演じる白鳥圭輔も、ゴキブリとは一番遠いところにいます。あえて動物に例えるなら、私の勝手なイメージではウマですね。身長の高さとしなやかな肉体を持つ二人なので、競走馬を連想しますが原作ではなんと白鳥はゴキブリを連想させる人物になっています。おまけにアルマーニといった高級ブランドのブランド品を上手に着こなせていない、お金がかけた洋服でいながら全然着こなしていない残念な中年男性で田口といった白鳥圭輔と関わる人たちからゴキブリを連想されている人物になっているので「白鳥」という名前ににつかわしくないイメージの中年男性です。

あつかましい態度で口やかましいという点では、映画そしてドラマともに共通しているだけではなく場の空気を無視する点などは、原作と同じで高圧的な態度で相手を黙らせたりハッタリをかませるという憎たらしい部分でも同じです。

実は医師免許を持っていますが、田口が血が苦手で心療内科の道を選んだのと同じように白鳥も血が苦手なので、厚生省の役人としてのキャリアを選びました。役職はどのような肩書きを持っているかというと、窓際部署の厚生労働省大臣官房秘書課付技官です。その他に肩書きがありますが、医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長という役職名を持っていて、部下には厚生労働省へ首席で入省した姫宮がいます。このあたりがドラマらしいといえます。

映画で阿部寛が演じていますが、ご存知のとおり元々はモデルでイケメンであのルックスなら、さぞや病院の看護師からもてるはずですが、映画の中では一切もてる描写はありません。ジャージ姿だったり、入院患者のパジャマで登場したり老眼が進んで老眼鏡を購入したりというイケメンでありながらも、イケメン扱いされていません。そして原作では「うどん」が大好物で、隠れたメニューのうどんが大好物とりわけ味にかんして抜群の味覚のセンスを持っています。映画では蕎麦も大好物のようで蕎麦を食しているシーンも登場しています。

映画での白鳥は会話の主導権を握るために「わたしは厚生省の人間だ!」と自分の立場をとりわけ強調して、かつ白鳥自身が少しでも気になったことはなんでも積極的に調べるという点では、原作と同じように描かれています。